パソコン

エクセルなどの表計算ソフトは費用がほとんどかからず利用できるため、顧客リストの管理に使おうと思っている方も多いのではないでしょうか。

エクセルに備え付けられている機能を使って、便利に顧客管理をすることができます。

今回は、顧客リストの管理をエクセルで便利にできるよう、顧客リスト管理のテクニックを説明いたします。

エクセルで顧客情報をリスト化する時のメリット・デメリット

エクセルで顧客情報をリスト管理する時には、知っておきたい注意点もあります。エクセルで顧客管理をする前に、どんなメリット・デメリットがあるのかをお伝えします。

メリット

  • 導入コストが低い
  • 慣れ親しんだソフトなので、誰もが使える
  • テンプレートを利用できる

一番のメリットは導入コストが低いことです。エクセルを使える方は多いですし、社内で使う事となっても知識を入れる必要がなく、利用できます。テンプレートが豊富にあるので、手軽ですし、好みのテンプレートに編集することも簡単です。

デメリット

  • データ共有がスムーズにできない
  • データの消去、コピーが簡単にできてしまう
  • 管理体制の確立が必要

エクセルは手軽ですが、デメリットも多いです。

エクセルはオンラインの管理には向いておらず、新しい情報を同時に共有することができません。利用する人が多ければ多いほど、このデメリットは大きくなるでしょう。

エクセルはファイルをすぐ消してしまえるのが欠点にもなりますので、バックアップを必ず取っておくことが必要です。

コピーも簡単なので、大事な顧客情報が漏洩してしまうこともあり得ます。

入力者が1人の場合はその人が退職した場合に誰が管理していくのかなど、しっかりと管理体制を整えておくことが必要となります。

エクセルでの顧客リスト管理でおさえておくべき項目

顧客管理をする目的は、業種によっても違うかもしれませんが、一般的に抑えておくべき項目はあります。

  • 名前(ふりがな)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 携帯番号
  • メールアドレス
  • 性別
  • 年齢
  • 購入履歴
  • 購入頻度
  • 訪問履歴(営業履歴)

などです。

もし時間帯による売上の差が見たいのであれば、購入した時間を入れる、など自社の中で必要な項目を追加してみてください。

便利なエクセルテンプレートサイト4選!

メリットデメリット

エクセルで顧客管理を始めようと思っても、どこから始めたらいいかわからない場合は、テンプレートを利用すると良いでしょう。

好きなようにカスタマイズもできるので、自社にぴったりなものを作ると良いですね。

1、マイクロソフト公式

Microsoft公式サイト|顧客管理表

引用元:Microsoft公式サイト|顧客管理表

まず、一番シンプルで無駄のない顧客管理リストを作れるのがマイクロソフトの公式サイトにある「顧客管理表」です。ダウンロードするだけですぐ使えるので、初心者でも安心です。

メリット

・初心者でも安心

・とにかくシンプルで、汎用性も高い

・色を変更する、検索をするなどの使い方が詳しくかかれている

デメリット

・入力時に手間がかかる

・かなりシンプルなので、必要な情報を入れ込みにくい

・顧客数が増えると見づらくなる

2、書式の王様

書式の王様|顧客管理表

引用元:書式の王様|顧客管理表

「書式の王様」は、ビジネスに使えるテンプレート、ひな形、文例などを数多く掲載しているサイトです。顧客管理の書式は95件あり(2019年8月現在)、自分に合ったテンプレートを見つけることができるはずです。

メリット

・多くのテンプレートの中から選べる

・印刷に対応しているものが多い

デメリット

・数が多いのでどれをダウンロードして良いか迷ってしまう

・入力時に手間がかかる

・顧客数が増えるとページが増えるものが多い

3、エクセルカードHARI

エクセルカードHARI

引用元:株式会社日本アプリケーション開発|エクセルカードHARI

「エクセルカードHARI」はエクセルフォーム支援ソフトです。フリー版だと100件、ライセンス版は1万件の顧客情報が管理できます。

メリット

・レイアウトを自由にカスタマイズできる

・ホームページで丁寧に解説してくれる

・ハガキや封筒へ宛名を印刷できる

デメリット

・無料版は100件しか管理できない

・ダウンロードやセットアップなどの工数が多い

4、Excel Form 顧客管理

Excel Form 顧客管理

引用元:新作エクセル(関数やマクロを使った)テンプレート|Excel Form 顧客管理

マクロを利用したテンプレートを数多く掲載しているサイトです。フォームに入力すれば表で管理ができるので、簡単に管理することができます。

メリット

・必要な項目を選んで印刷ができる

・フォームに入れるだけなので入力が簡単

デメリット

・マクロが利用できない環境だと使用できない

GoldenListを使ってエクセルの顧客情報リストを有効活用!

エクセルで作ったリストをさらに活用する方法とは?

エクセルはあくまでも、顧客の情報を集めて表にするツールです。他のデータと組み合わせて分析することはエクセルだけではできません。

顧客情報を集めたら、その顧客データをさらに活用して売り上げを変えてみませんか?

GoldenListはAI(人工知能)とプロのコンサルタントの両方を組み合わせたツールです。現在抱えている課題と、エクセルでリスト管理された顧客情報を送付いただくだけで、様々な角度から顧客情報を整理して、ロイヤルカスタマーを発掘することが可能です。

AIによるデータ分析だけではなく、「EC」「コールセンター」両方を熟知したコンサルタントが組み合わさることで、機械的でない最善の効果を生み出すことができます。

現在Golden Listでは月5社限定で無料コンサル実施中です。

ご興味のあるご担当者様は是非お気軽にお問い合わせください。